キヘリキンチャクダイの飼育方法|混泳、餌は?

ヤッコの顔つきの中では特徴のある顔つきで渋い色合いからも人気のあるキヘリキンチャクダイの飼育方法、特徴について紹介します。

 

キヘリキンチャクダイとは?

出典:アクアギフト楽天市場店

特徴

生息地は西部大西洋で大きさは20㎝前後にまで成長します。キヘリキンチャクダイの特徴としては、中型サイズのヤッコとしては珍しく幼魚と成魚で模様がガラッと変わってしまう事にあると思います。

この特徴は大型の海水魚ではよくみられるのですが、大きさが20㎝程度にしかならないものでは数少ない特徴です。

幼魚の時の特徴は黒い体に黄色いラインが入っている事です。幼魚は海水魚の中では比較的地味ですが、成魚になると、幼魚の時の背中から尾ひれにかけての特徴しかなくなり、顔は黄色にライトブルーの模様が入り、体は青白くなります。最初に見た時は誰も同じ魚だとは思わないでしょう。

 

スポンサーリンク

寿命

キヘリキンチャクダイの寿命についてですが、推定5年前後になると思われます。中型ヤッコになるので、もう少し長い可能性も十分にあります。

混泳も性格的に難しい事や、サンゴへの相性も良くない事から飼育者があまり多くないようです。大切に飼ってあげて寿命をまっとうさせてあげたいですね、

 

 

販売価格

キヘリキンチャクダイの価格ですが、キヘリキンチャクダイは入荷出来る次期があり、幼魚で大体1匹5000円から7000円程度にない、成魚での入荷はなかなか見られないです。

ただし、通販の場合だともっと値段が安くなる場合が多く、実際のショップの価格よりもお安く手に入ります。

 

しっかりと状態を見てから飼育をしたい場合や餌付いているかの確認をしたい場合は実際のショップに行った方が良いですが、値段だけを見る場合はネット通販の方が遥かにお安く手に入れる事が出来ます。

キヘリキンチャクダイを餌付ける事に自信があればネット通販で購入した方がよさそうです。

 

 

キヘリキンチャクダイの飼育方法

水温と水質

キヘリキンチャクダイの水温は22度から28度前後になります。適正水温としては通常の熱帯魚と同じくらいになります。特に気を付けるべき点はないでしょう。

スポンサーリンク

水質は、安定した水槽であれば飼育が出来るくらいになると思われます。立ち上げたばかりの水槽であれば、やめておいた方が無難です。他に海水魚を入れてみて、水質が安定している事を確認してから導入すると良いでしょう。

 

 

混泳

キヘリキンチャクダイの混泳についてですが、大きさの割に性格が温和で気の強い種類との混泳が出来ません。小型ヤッコの気の強い物と入れてちょうどよいくらいになると思います。

混泳相手としては定番のスズメダイを入れても良いのですが、気が強い個体が多く性格的に負けてしまう可能性があります。

 

スズメダイと混泳させる場合にはデバスズメダイや、カクレクマノミなどの比較的おとなしい種類と混泳させた方が良いと思います。

ヤッコ同士の混泳は混泳相手の大きさが小さい場合は可能ですが、違う属のヤッコでも大きさが同じ場合は負けてしまう可能性が非常に高いため、キヘリキンチャクダイが大きい場合のみ可能でしょう。

その他の良い組み合わせはハナダイです。ハナダイの仲間には気の強い種類が少なく、混泳に向いてる魚種が多いです。キヘリキンチャクダイと色味も全く違うので、水景を彩る事が出来ます。

 

 

サンゴとの相性

キヘリキンチャクダイのサンゴとの相性ですが、基本的には一緒の水槽で飼育する事は出来ません。

キヘリキンチャクダイはサンゴを食べてしまう種類であるため、サンゴの種類関係なしにつついてしまいます。別な水槽で飼育を楽しみましょう。

 

 

水槽

キヘリキンチャクダイの飼育に必要な水槽の大きさは60㎝です。中型ヤッコになるので、水槽の大きさが必要になってきます。60㎝あれば終生飼育が可能でしょう。

大型水槽での飼育が一番良いのですが、性格的に混泳が難しい事から大型水槽での飼育が積極的に行われていません。

キヘリキンチャクダイを水槽内の主人工として飼育をするのが良いので、ハナダイなどと混泳をするのが良いのではないでしょうか。

餌の与え方

キヘリキンチャクダイの餌についてですが、雑食性が強く自然界では、海藻類や、海綿、小型の甲殻類を食べています。ヤッコ用のフードである、草食性の栄養分が強いものを与えましょう。

餌付けに関してですが、幼魚であれば落ち着いた環境でしっかりと飼育をしてあげ、水質の悪化に気を付ければ餌付けは可能なようです。成魚で餌付いていない個体だと多少時間がかかってしまうかもしれません。

餌付かない場合はコペポーダなどの嗜好性の高い餌から始めると餌付くかもしれませんが、いずれは草食成分の強いフードに切り替えていかなければなりませんので、嗜好性の高いフードを与えつつ、人工飼料に慣らしていくのが一番よいやり方でしょう。

 

 

病気

キヘリキンチャクダイの病気についてですが、水質の悪化による白点病に弱いようです。性格的にストレスを抱えやすい事から、病気知らずで飼育をするのはなかなか難しく、病気にかからないように必ず水質を安定させて、水換えをすることが大切です。

 

スポンサーリンク